暮らし・時短

ノロッカのデメリットはある?ハイディに取り付けた本音口コミ

最新版ノロッカデメリットはある?ハイディに取り付けた本音口コミ
自転車用レインカバーの「ノロッカ(norokka)」購入を検討しているけれど、デメリットがあるなら事前に知りたい。

そんな方へおすすめの記事です。

ぬねまるこ
レインカバーを新調してノロッカ(norokka)を購入したよ!どんな感じか詳しくレビューするね!

 

 

我が家の子供乗せ用電動自転車はハイディツー。

長年使っていたレインカバーが劣化したため、この度ノロッカ(norokka)を新調しました!

 

劣化を防ぐためにも着脱が簡単なもの!

という視点でたどりついたノロッカ(norokka)のレインカバーでしたが、見た目も機能性もとても気に入っています。

 

 

この記事では、事前に調査した口コミから分析したノロッカ(norokka)レインカバーのデメリットと、実際に装着し使用した上でのリアルなレビューをお伝えします。

 

 

ノロッカ(norokka)ハイディに取り付けた本音口コミ

レインカバーノロッカ(norokka)を我が家のハイディツーに取り付けてみてわかった本音口コミを紹介します。

 

ノロッカ(norokka)開封

ノロッカ

届いた段ボールを開けるとこんな包装で出てきました。

ぬねまるこ
え、かわいい

縁起が良い「叶結び」を用いた包装で、願いが叶いますようにという想いが込められているそうです。

 

ノロッカ

開封すると、小さく折り畳まれた状態で、収納袋に入っていました。

 

ノロッカ

中身を取り出すと、ワンタッチで開くテントのようにポンっと広がりました。

 

ノロッカ

ヒネリ留具とバックル留具が付属しています。

 

 

ノロッカ(norokka)装着

早速装着しました!

ハイディー2

我が家の自転車はブリヂストンのHYDEE II(ハイディツー)、2014年に購入したなかなかの年代物です。

ぬねまるこ
完全に見た目で選びました!笑

 

ノロッカ

まず後ろのベルト穴に、ヒネリ留め具を差し込みます。

 

ノロッカ

 

ノロッカ

前から引き出し、子供の座席後ろにマジックテープでとめます。

ガイドでは座席シートの前でテープをとめていますが、背中に当たるかなと思い我が家ではシートの後ろ側でとめています。

 

ノロッカ

もう一つの「バックル留具」は、サドル後ろの自転車のフレーム部分に巻き付けてとめます。

 

広げたカバーを椅子部分に被せたら、穴からヒネリ留め具を出して固定します。

ノロッカ装着

本体とバックル留め具も固定します。

 

ノロッカ装着

完成!!

 

ノロッカ

ぬねまるこ
あっという間に取り付けすることができました!

 

 

ノロッカ(norokka)選んだ理由

我が家がノロッカ(norokka)に決めた理由はいくつかありました。

 

  • 着脱が簡単
  • 自立型である
  • 見た目の良さ

 

まずは劣化を防ぐためにも、使わない時には取り外せるよう着脱が簡単であること。

2つ目は、子供が乗っていない時に形が崩れるのがいやなので、しっかりと自立していること。

そして見た目がシンプルでオシャレであること。

 

そんな基準で選んだノロッカ(norokka)ですが、シンプルなデザインでくすみカラーも良い感じ!

ハイディとの相性も良いように思います。

 

 

ノロッカ(norokka)のデメリットはある?口コミを調査!

購入前に、ノロッカ(norokka)のデメリットがあるかどうか、口コミを調査していました!

 

気になったのは以下の4点

  • 夏は暑い
  • 盗難が心配
  • コンパクトには畳みづらい
  • 値段が高い

 

順番に見ていきます。

 

 

夏は暑い

まずは夏は暑いという口コミ。

夏の間は常に付けたままにするのではなく、雨の日のみ取り付けるという形が良いです。

 

ですがよくよく調べてみると、以前は前窓がなかったためにこういった口コミが多かったことがわかりました。

 

現在販売中の最新型では、大きく開閉できる前窓が付いているので随分とマシです!

norokka

 

マジックテープがついていて、窓を開けたまま固定することが可能です。

norokka

2022年2月から販売されている新モデルではマジックテープの位置が変更になっているそうです。

 

 

盗難が心配

着脱が簡単な反面、盗難が心配という声もありました。

実際に自転車置き場でレインカバーを盗まれたという話を、私自身も聞いたことがあります。

 

これは盗難防止のワイヤーロックをつけることで解決できました!

ワイヤーロックを通す穴が空いているので、ノロッカ(norokka)と自転車本体を繋いでおくようにしています。

 

ノロッカ盗難防止

 

 

コンパクトには畳みづらい

次にあったのは畳みづらいという口コミ。

小さくコンパクトに畳めるとありましたが、送られてきた状態と同じ大きさに畳むにはなかなかのコツが必要です。

 

これは、毎回そんなに厳密には畳まないということで解決しています。

norokka

毎回持ち運ぶわけではないので、上の状態まで畳んだら持ち帰って玄関に保管しています。

 

現在販売中の新モデルでは、この状態でコンパクトにしまえる収納バッグがついてくるようです!

norokka

ノロッカ(norokka)公式より

 

 

値段が高い

最後は値段が高いというものです。

 

自転車用レインカバーの料金はかなり幅がありますが、値段に比例して品質も違うのが現状。

 

以下は私が比較検討したレインカバーの料金表です。

ノロッカ(norokka) 12,680円(税込)
ラボクル(LABOCLE) 13,750円(税込)
ソッカ(socca) 12,650円(税込)
リトルキディーズ(LittleKiddy's) 10,640円(税込)
マルト(maruto) 8,712円(税込)

 

ぬねまるこ
安いものを探せばあるけど、性能を見れば妥当な値段!

 

 

 

ノロッカ(norokka)のメリットは?買ってよかった口コミをチェック!

ここからは、実際に使い始めてわかったノロッカ(norokka)のメリットを口コミと合わせてご紹介します。

 

着脱がしやすい

まずは噂に聞いていた通り、着脱のしやすさは感動ものです!

 

幼稚園のお迎え直前、雨が降りそうだから付けていこうとか、今日は暑いから外していこうなど、思い立ってすぐに着脱できるのは本当に便利です。

 

ぬねまるこ
大袈裟ではなく本当に30秒かからないくらいで着脱可能でした!

 

 

中が広い

次は中が広いこと!

我が家でもたまに120cmの長男を乗せることがあるのですが、問題なく乗ることができています!

 

狭いと嫌がる子も多いので、中の広さは重要です!

 

 

乗り降りがしやすい

中が広いことと合わせて、ドア部分も大きく開くので、乗り降りがしやすいです。

 

norokka

ある程度大きくなれば、自分で乗り込むこともできるのでお互いにストレスフリーです!

 

 

シンプルで見た目が良い

最後はシンプルで見た目が良いこと!

 

我が家のノロッカ(norokka)はブルーグレイという色ですが、自転車の色ともあっていてお気に入りです。

ノロッカ

しっかりと自立したフォルムも美しい!

 

 

 

ノロッカ(norokka)のレインカバーをお得に買う方法はある??

ノロッカ(norokka)のレインカバーですが、現状公式HP楽天市場でのみ販売されています。

 

公式HPでは15,000円以上で500円クーポンがもらえる「まとめ割」が実施されていますが、単品で買いたい場合はポイントがつく楽天市場がおすすめ!

 

ぬねまるこ
楽天のセールやマラソンに合わせて買うのが一番お得かなと思います。

 

 

ノロッカ(norokka)デメリットはある?本音口コミまとめ

ノロッカ(norokka)のレインカバー、デメリットに思われた部分も、実際に使っていく中で解決できるものがほとんどでした。

 

おすすめポイントを改めてまとめると以下の通り

  • 着脱がしやすい
  • 中が広い
  • 乗り降りがしやすい
  • シンプルで見た目が良い。

 

どのレインカバーが良いか迷っている方に、ぜひおすすめしたい商品です!

 

ぬねまるこ
どなたかのお役に立ちますように

 

  • この記事を書いた人

ぬねまるこ

ややこし盛り、男子3兄弟(小学3年・幼稚園年長・幼稚園年少)を持つアラフォー母です。新しいもの好き、調べもの好き、テレビ好きな超ミーハー。子供と学ぶをモットーに、知育やおもちゃ、習い事など、色々一緒に楽しんでいます。性格は超ずぼら。少しでもラクして暮らせるように、そちらも試行錯誤中。そんな経験や情報を、このブログで発信していきます。

-暮らし・時短

© 2022 ミーハーずぼら母の学びと暮らし